ブログ

  • 2018/05/01

    こちらも着工。地盤改良を行ないました。

    こんにちわ

    スタッフのほりです(・U・)

     

    5月に入りました。

    涼しかった風がちょうど心地良く感じる季節になりました(*´U`)ノ

     

    田んぼにも水が引かれはじめ

    蛙の泣き声も聞こえるようになりました。

     

    梅雨が始まる前に夏の準備や衣替えなどをする方も多いのではないでしょうか♪

     

    さて、こちらのお宅では工事がはじまりました。

    地盤改良を行っている様子の写真です。

     

     

    柱状改良工法を採用しています。

     

    直径50cmほどのコンクリートの柱を地中に作り

    この柱を硬い地盤の深さまで到達させて、上に建つ建物を支えます。

    その硬い地盤で支えるだけではなく

    さらに、柱と柱の周囲の土による摩擦力も加わることで建物の荷重を支える構造です。

     

     

    長い間、安心して生活できる家づくりのためにも

    まずは地盤をしっかりと良好な状態に整えることは、とても重要な工程のひとつです。

     

     

    『デザイン』×『住宅性能』×『コスト』

    建築家住宅を工務店価格で。

     

    お気軽にお問い合わせ下さい。
    お問合せはこちら

     

    建築家による『設計事務所+工務店』

    豊田市の注文住宅 | 長坂篤建築研究所

     

    Instagram → こちら    facebook → こちら

  • 2018/04/27

    こちらのお宅も敷地調査@豊田市を行ないました。

    こんにちわ

    スタッフのほりです(・U・)

     

     

     

    4/26日頃からの一週間、気温が平年より”かなり高く”なるという情報が気象庁から出されました。

     

    体も慣れない急な暑さで、熱中症への注意も呼びかけられています。

     

     

    日本自動車連盟(JAF)のユーザーテストによると

    外気温が23℃と比較的過ごしやすい日でも、フロントガラス付近は57.7℃になっているそうです(゚Д゚;)!

    さらに驚くことに、ダッシュボード付近は70.8℃に!

     

     

    真夏であれば、想像もつきますが

    外気温23℃ほどでも、これほど車内温度は急上昇しているということに驚きです。

     

    農作業など長時間外で作業をする場合はもちろんですが

    車内での熱中症にも十分に気をつけなければいけませんね(*´_ゝ`)b

     

     

    さて、こちらの写真は敷地調査を行った様子です。

     

    とても自然豊かな敷地です。

     

    裏側が崖地のため、その対策が建物以外のコストとして考慮していかなければいけません。

     

     

    長く暮らしていく大切な住まいです。

     

    安心して暮らしていけるよう、安全第一であることはもちろん、

    なおかつコストを抑える方法もご提案させて頂きたいと思います。

     

     

    『デザイン』×『住宅性能』×『コスト』

    建築家住宅を工務店価格で。

     

    お気軽にお問い合わせ下さい。
    お問合せはこちら

     

    建築家による『設計事務所+工務店』

    豊田市の注文住宅 | 長坂篤建築研究所

     

    Instagram → こちら    facebook → こちら

  • 2018/04/25

    こちらも第三者機関の検査を行ないました。

    こんにちわ

    スタッフのほりです(・U・)

     

     

    新生活のバタバタした感じもそろそろ落ち着いてきた頃でしょうか。

     

    冬を越えたから風邪は引かないだろう、と考えてしまいがちですが

    新生活の疲れも出やすくなる時期です。

     

    さらに、日中が暖かいぶん(・・・暑いくらいでしょうか (д`・))

    明け方にはまだ少し寒さも感じ

    朝晩と日中の気温差にも、体調管理が難しい時期です。

     

    みなさん体調管理に気をつけて、快適な春を過ごしてくださいね(*´,_ゝ`)ノ

     

     

     

    さて、こちらのお宅では第三者機関による検査をおこないました。

    工事も順調に、屋根も葺きあがりました。

     

     

     

     

     

    筋交いの配置が図面通りであるか、指定の金物でしっかりと留められているかなど、

    1つずつ丁寧に確認していきます。

    他にも、柱や梁などの位置や材料の寸法、そして、大きな割れや欠損がないかもしっかり確認します。

     

     

    構造軸組みは完成してからでは見えなくなってしまう部分ですが

    耐震性や断熱性といった住宅性能をつかさどる

    間違いがあってはならない、非常に重要な部分です。

     

     

    着工から完成まで、弊社での確実な工事監理はもちろん

    第三者機関による厳しい検査によって

    安全第一に、確かな家づくりを行っています。

     

     

    『デザイン』×『住宅性能』×『コスト』

    建築家住宅を工務店価格で。

     

    お気軽にお問い合わせ下さい。
    お問合せはこちら

     

    建築家による『設計事務所+工務店』

    豊田市の注文住宅 | 長坂篤建築研究所

     

    Instagram → こちら    facebook → こちら

  • 2018/04/20

    こちらも敷地確認をしました。

    こんにちわ

    スタッフのほりです(・U・)

     

     

    先日、蒲郡市にあるラグナシア内のチューリップまつりを見てきました。

    「子どもの頃、初めて絵を描いた花がチューリップ」という人も多いのではないでしょうか。

    庭や鉢植えとしても、春になると所々で見かけるチューリップ。

     

    天気が曇って気温が下がると、外側の花びらが伸びて、花が閉じ

    これを人肌などで温めるともう一度花びらが開くそうです。

     

    これは傾熱性(けいねつせい)という働きのためで

    朝に開いたチューリップの花が夜に閉じるのはこのためだそうです。

     

    私もはじめて知った、チューリップの雑学でした♪

     

     

     

     

    さて

    こちらは新たに敷地確認を行なったときの様子です。

     

    最近売り出された土地で、他の住宅会社さんもたくさんきていました。

     

     

     

     

     

    何区画かに分かれており、新築住宅が建ちはじめるとにぎやかになりそうな

    これから新たな住宅地になる場所です。

     

    建物以外にどのような費用が必要になるか、またどのくらいかかかりそうか、

    周囲に建物が建った際の日当たりの状況や、隣地との高低差など

     

    敷地の可能性を最大限に活かしたプランをつくるために、

    まずは敷地の現状をしっかり調べていきます。

     

     

     

    『デザイン』×『住宅性能』×『コスト』

    建築家住宅を工務店価格で。

     

    お気軽にお問い合わせ下さい。
    お問合せはこちら

     

    建築家による『設計事務所+工務店』

    豊田市の注文住宅 | 長坂篤建築研究所

     

    Instagram → こちら    facebook → こちら

  • 2018/04/17

    こちらもリフォーム工事がスタートしました。

    こんにちわ

    スタッフのほりです(・U・)

     

     

    『4月』 はじまりの季節ですね。

     

     

    新たな環境でのはじまりは

    楽しみでわくわくすることはもちろんですが

    緊張したり、疲れたりすることも。

     

     

    真新しい制服やスーツを着た学生さんや、新社会人を目にすることが多くなり

    新しい生活をがんばってほしいと思うと同時に

    私も気持ち新たにがんばろう!とやる気をいただいています。

     

     

    新年度 はじまりの季節は花や草木も美しい季節です。

     

    季節の美しさにほっと一息いれながら、楽しみながら

    新生活をがんばってほしいです。

     

     

    さて、こちらのお宅ではリフォーム工事がスタートしました。

     

    まずは、お子様部屋を使いやすく、快適にしていきます。

     

     

    そして、収納をより使いやすく

    部屋のイメージも一新していこうと計画しています。

     

     

    生活をしていると、少し使いにくいなぁと感じる場所だったり、

    もう少しこうだったらいいのにと気づくこともあります。

     

    また、子どもの成長など

    ライフスタイルの変化でリフォームをしたほうが快適に過ごせることもあります。

     

     

    自分たちのライフスタイルに合った

    オンリーワンのリフォームで、

     

    家に居ることが楽しくなる

    家に帰ることが楽しみなる

     

    快適な空間に近づけていきます。

     

     

     

    『デザイン』×『住宅性能』×『コスト』

    建築家住宅を工務店価格で。

     

    お気軽にお問い合わせ下さい。
    お問合せはこちら

     

    建築家による『設計事務所+工務店』

    豊田市の注文住宅 | 長坂篤建築研究所

     

    Instagram → こちら    facebook → こちら

10 / 22« 先頭...89101112...20...最後 »

上部に戻る