ブログ

  • 2022/07/01

    こちらのお宅も地盤調査を行いました。

    こんにちは スタッフのふくた(一級建築士)です。

     

    7月になりました。

    史上最速の早さで梅雨が明けて、戻ってきたのはギラギラの真夏の太陽。

     

    今日は最高気温40度も予想されています。

    連日の猛暑に身体も追いつきませんが、十分な栄養と睡眠で乗り切っていきたいですね。

     

     

    さて、こちらのお宅も地盤調査を行いました。

     

     

    SWS試験(旧称スウェーデン式サウンディング試験)。

    戸建て住宅で採用される最も一般的な地盤調査の方法です。

     

    先端がキリ状になったスクリューの付いたロッドに荷重をかけ、

    25センチ貫入するのに必要なおもりの荷重を調べていきます。

    最大のおもり(100kg)で貫入がなければ、ハンドルを回転させて、この時の半回転数を測定します。

     

     

    通常、建物の四隅と中央の5測点で調べますが、

    こちらのお宅では、L字型の間取りとなるため、8測点で行いました。

     

    畑用地であったため、ふかふかな部分の地盤改良が必要となりそうです。

    建物を支える地盤の強度を知ることは、安心な住まいづくりには欠かせない工程です。

     

     

    『デザイン』×『住宅性能』×『コスト』

    建築家住宅を工務店価格で。

     

    お気軽にお問い合わせ下さい。
    お問合せはこちら

     

    建築家による『設計事務所+工務店』

    長坂篤建築研究所 │ na labo

                         エヌエーラボ
  • 2022/06/24

    こちらのお宅は上棟いたしました。

    こんにちは スタッフのこんどうです。

    梅雨入りしたばかりなのに、もう梅雨明けの知らせが待ち遠しい今日この頃です(笑)

     

    さて、こちらのお宅では上棟しました。

    通常1日で終わる上棟ですが、大きなお宅なので3日間にも及びました。

     

    梅雨の時期であるので、常に天気予報、雨雲レーダーをみながら

    雨対策をしっかりし作業してきました。

     

     

    職人さんたちの技術とチームワークにより

    無事に安全に上棟を終えました。

     

     

    ブルーシートで雨が入らないように、建材が濡れないようにしっかり養生しています。

     

     

    作業終了後にはクライアント様からメッセージ入りの差し入れをいただきました。

    “安全第一で”

    建築工事で一番重要なことだと、身の引き締まる気持ちになりました。

     

    クライアント様の想いが詰まった大切な家。

    これからも安全第一に、丁寧に造りあげていきます。

     

    『デザイン』×『住宅性能』×『コスト』

    建築家住宅を工務店価格で。

     

    お気軽にお問い合わせ下さい。
    お問合せはこちら

     

    建築家による『設計事務所+工務店』

    長坂篤建築研究所|nalabo

                   エヌエーラボ
  • 2022/06/17

    こちらのお宅は地盤調査を行いました。

    こんにちは スタッフの福田(一級建築士)です。

     

    ついに梅雨入りとなりました。

    我が子の小学校では今週からプール開きとなりましたが、

    途端に傘マークの行進です(;_:)

     

    今日は貴重な晴れ間となりそうですね。

    幼稚園、こども園、小学校のプールでは、

    水しぶきとともに歓声が上がっているころでしょうか。

    マスクをはずして存分にハッスルしてほしいです!

     

     

    さて、こちらのお宅では地盤調査を行いました。

     

     

    地域のハザードマップなどで、ある程度の地盤情報は知ることができますが、

    安心安全な住まいづくりには、詳細な地盤調査が欠かせません。

     

    いくら耐震性の高い建物を建てても、支える地盤が軟弱ではまったく安心できませんよね。

    地盤調査により、その土地その土地の地盤強度や特性を見極め、

    最適な基礎の仕様を選択、必要であれば、地盤改良を施します。

     

     

    調査の結果、地盤強度は良好ですが、

    下がっている敷地半分は、30cmの盛土が必要になるため、そこは注意が必要な内容になります。

     

    まずなによりも第一に、

    安心安全なお住まいとなるよう、しっかり対策をしていきます。

     

     

    『デザイン』×『住宅性能』×『コスト』

    建築家住宅を工務店価格で。

     

    お気軽にお問い合わせ下さい。
    お問合せはこちら

     

    建築家による『設計事務所+工務店』

    長坂篤建築研究所 │ na labo

                         エヌエーラボ
  • 2022/06/10

    こちらのお宅は、造成工事をスタートしました。

    こんにちは スタッフのこんどうです。

     

    当初は今年の梅雨入りは早い!って情報でしたが、平年並みか遅くなりそうですね。

    来週くらいから傘マークが続いてたので、そろそろでしょうか…

    今のうちに大物、乾きにくいモノを洗濯しなければ!

     

     

    さて、こちらのお宅では、

    長い申請期間の農地関係の許可が下り、いよいよ造成工事がスタートします。

     

    住宅が建てられるよう、敷地の高さやお隣りさんとの境界際を整えていきます。

     

     

    整地してからは、地耐力調査という地盤が建物の重さに耐えられるか調べます。

    地耐力が弱い場合は地盤を改良する必要があるので、しっかり調査していきます。

     

    土地を整えて建物が建ったあとも安心して暮らせるよう、造成工事も大切で欠かすことのできない工程です。

     

     

    『デザイン』×『住宅性能』×『コスト』

    建築家住宅を工務店価格で。

     

    お気軽にお問い合わせ下さい。
    お問合せはこちら

     

    建築家による『設計事務所+工務店』

    長坂篤建築研究所 │ na labo

                         エヌエーラボ
  • 2022/06/03

    こちらのお宅は現地調査を行いました。

    こんにちは

    スタッフのふくた(一級建築士)です。

     

    初夏の陽気が続いていますね。(もう夏ですか・・・?)

    我が家の玄関が一番賑やかになる季節。

    カシワバアジサイとアジサイアナベルが、

    たわわに花を咲かせて競演しています。

     

    今年は道路に越境するほど大きくなり過ぎたので (*_*;

    ダイナミックにカットして、おうちの中でも愛でていますよ ♪

     

    さて、こちらのお宅では現地調査に行ってきました。

    ご両親の母屋のある敷地内での計画です。

     

    周辺環境、陽当たり、風の通り、騒音、高低差等、

    現地でしっかり確認、体感していきます。

     

    給水排水経路、道路との接続、車のアプローチ、

    この時点で、イメージプランが固まっていきます。

     

    南東が見晴らしよく開けていますので、

    陽だまりに包まれた快適なお住まいとなりそうです。

     

    『デザイン』×『住宅性能』×『コスト』

    建築家住宅を工務店価格で。

     

    お気軽にお問い合わせ下さい。
    お問合せはこちら

     

    建築家による『設計事務所+工務店』

    長坂篤建築研究所 │ na labo

                         エヌエーラボ

上部に戻る